イベントレポート 『 JOBRASS チャレンジ逆求人トライアウト』

2017.06.07



株式会社アイデムが主催する小規模イベント「JOBRASS チャレンジ」シリーズ。
2017年3月~5月にかけて3回にわたり、「JOBRASSチャレンジ逆求人トライアウト」を開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JOBRASS チャレンジとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学生が自分の就活力を試すためにグループディスカッション(以下GD)やプレゼンテーションに挑戦する少人数制の就活イベントです。企業は、学生の個性や能力を見極め、自社に合った学生をピンポイントで探し出し、アプローチすることが可能です。

【JOBRASSチャレンジ 逆求人トライアウト】

・開催時期:2017年3月~5月
・企業:各回5社    ・学生:各回20~30名

【プログラム概要】
・企業アピールタイム(1社7分程度)
・逆求人タイム(学生が1人ずつ自己アピール)
・トライアウトタイム(グループディスカッション→発表)
・アプローチタイム(テーブル交流会)
・マッチングタイム(スカウト指名学生選出)
→スカウトタイム(スカウト指名学生と個別面談)

【企業参加メリット】
・企業5社×学生20~30名程度の中規模型イベント。
学生に全員に自社をアピールすることができ、自社への理解度を高めることが可能。

・就職活動に意欲的な学生が多数参加。自己アピールやGDなど多角的に学生を見極めることができます。

・特に気になる学生にはイベント終了後にスカウト指名し個別面談を実施。
その他参加学生全員にも選考オファーでアプローチすることが可能。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■開催の様子
 

【参加学生の声】
・今まで知らない企業でしたが、シェアNo1と聞いて驚きました。
・BtoBの事業がメインの企業というのは学生には知る機会があまり多くないので、今日のような機会は貴重でした。
・知らない(見てこなかった)企業の魅力を知ることができました。
・「システムエンジニア」のイメージが変わり、IT業界の魅力を知ることができました。
・自己PRやGDを行えた上、新しい出会いがあったのでとても嬉しかったです。
 
 
■【考察】学生は3月~5月に業界の視野を広げる
2018年卒学生へのアンケート調査では、開襟直後の3月時点で「今まで興味がなかった“業界”に応募する学生が62.9%」「今まで興味がなかった“職種”に応募する学生が56.2%」となりました。

昨年に比べ選考・内定獲得の早期化が目立つ一方、学生は志望業種・職種を定めきれず、特に文系学生は7割近くが視野を広げると回答していました。
 
今回の「JOBRASSチャレンジ 逆求人トライアウト」では、『早期内定獲得に向けてスタートダッシュ!』『上場企業or福利厚生充実企業』などのテーマを決め、幅広い業種の企業様にご参加いただきました。幅広い業種に目を向けたい学生と出会い、相互理解を深めることで選考にも直結できたのではないかと思います。
 
2016年12月より実施したJOBRASSチャレンジシリーズは全回終了いたしました。
今後も学生の動向にマッチした企画を実施し、企業様の採用活動のお役に立てますと幸いです。