イベントレポート 『 JOBRASS チャレンジトライ』

2017.04.26


シリーズ_今更聞けない_タイトル

株式会社アイデムが主催する小規模イベント「JOBRASS チャレンジ」シリーズ。

2017年1月~4月にかけて5回にわたり、「JOBRASSチャレンジトライ」を開催しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JOBRASS チャレンジとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学生が自分の就活力を試すためにグループディスカッション(以下GD)やプレゼンテーションに挑戦する少人数制の就活イベントです。企業は、学生の個性や能力を見極め、自社に合った学生をピンポイントで探し出し、アプローチすることが可能です。

シリーズ_ER_JBRチャレ_説明

【JOBRASSチャレンジ トライ】

・開催時期:2017年1月~4月

・企業:各回4社    ・学生:各回20~30名

 

【プログラム概要】

・企業紹介タイム(1社7分程度)
・グループディスカッション、発表
・フィードバックタイム(テーブル交流会)
・結果発表、表彰

 

【企業参加メリット】

・企業は4社限定。幅広い業種に目を向けたい学生が参加しやすく、自社を知ってもらうきっかけにしやすい

・合同企業説明会×選考(グループディスカッション)企画のため、学生の関心度や質を短時間で見極められる

・1~4月の早期限定イベントのため、早期に活動する意欲的な学生と接触できる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■開催の様子

①会場全体②企業交流会の様子

③学生プレゼン④表彰風景

 

 

【参加学生の声】

・企業の事を新たに知れて良かった事と、長い間評価やアドバイスしてもらい、とても感謝しています!

・4社とも違う観点からフィードバックを頂けたため、より自分の課題を深くみつめることができました。

・各企業様の考え方や雰囲気がイメージでき、とても良い機会となりました。次は会社説明会でじっくりお話を聞きたいです。

・会社の考え方を、会社説明だけでなくフィードバックからも強く知ることができ、とても有意義でした。

 

【考察】学生が苦手な選考第一位が グループディスカッション

できれば避けたい選考方法_説明

 

2017卒学生に調査したアンケートによると、”できれば避けたい選考方法”として半数近くの学生がグループディスカッションを挙げています。

他の学生とのコミュニケーションも必要となり事前の準備・対策を取りづらい点から、苦手意識を持ちやすいのかもしれません。

JOBRASSチャレンジトライでは、グループディスカッションを4回実施し、各回ごとに人事担当者からフィードバックが貰えるほか、交流会形式で人事担当者とコミュニケーションを取る時間を設けました。

多くの学生が選考対策を目的に参加する中、着眼点の異なる4社のフィードバックを通して、学生は人事担当者や社員の人柄、企業としての考え方を感じ取ることができます。

開催後に企業の選考へ参加する学生も多く、企業にとっては志望業界が異なる学生を振り向かせるきっかけとしてイベントを活用いただけたのではないかと思います。