【企業様の声】公益財団法人日本生産性本部

2016.04.28


 
cover_nihonseisansei
 

 

なぜJOBRASSを使っているのか?

  • 新卒採用を実施する場合、私たちの最大のネックとなるのが学生への知名度です。
    合同企業説明会等への参加も行っていますが、有名企業に学生が集まってしまい、欲しい人材に出会うことが必ずしもできていない状態です。
    また、一度にたくさんの人材を採用することはできないということからも、能動的に学生にアプローチができるJOBRASSは魅力的です。
    さらに、私たちの想像の範囲を超えた特徴的な学生に、選考オファーを出せることも魅力的です。

 

JOBRASSを活用するコツ

  • 学生一人ひとりの就活プロフィールを読み込み、「会いたい」と思える人だけに選考オファーを送っています。
    また、選考オファーの内容は、私たちの方に向かせるぐらいの熱意で個別に文章を練って作成しています。
    負荷はかなりかかりますが、そのようにしなければ、私たちが「お会いしたい」という気持ちが学生に伝わらないのではないかと考えています。
    こうした学生一人ひとりに応じてアプローチを変えられるJOBRASSの特徴を十分に活かしていくことを心掛けています。

 

JOBRASSを使って良かったこと

  • エントリー型のサイトとは異なったタイプの学生に会うことができ、多様な人材の採用につながっています。
    私たちのような少人数しか採用できない場合にはJOBRASSは有効です。
    また、選考オファーという学生との出会いのきっかけが、お互いのつながりを強くしているように思います。
    特に志望業界を変えてまで、選考に参加してきてくれた学生の場合には、関心や志望度もぐっと上がっているように感じます。
    ここ数年の新卒採用の課題である内定辞退者数の減少につながることも期待しています。