新卒採用のゲンバ(人と仕事研究所/コラム) 株式会社きちり /自社を“好きになってもらう”ことを重視した採用・選考活動を展開

2015.02.06


 

kitiri_600x200

弊社「アイデム 人と仕事研究所」のホームページでは、月1回、「新卒採用のゲンバ」と題し特集記事を掲載しております。新卒採用を行っている企業を取材し、採用活動に関して工夫していることや取り組みなどについて人事担当者に伺っております。

第14回目となる今回の特集は、「自社を“好きになってもらう”ことを重視した採用・選考活動を展開」~株式会社きちり様です。

――その内容の一部をご紹介させていただきます。
新卒採用を考える上でのヒントになれば幸いです。

 

 

 
第14回株式会社きちり
/自社を“好きになってもらう”ことを重視した採用・選考活動を展開

株式会社きちりは、関西の2府2県および関東の1都3県で、ダイニングレストランなど73店舗、約15業態を運営する企業。“外食産業の新たなスタンダードを創造する”ことをビジョンに掲げ、真心のこもったおもてなしでホスピタリティの提案・提供をしていることが特徴的だ。

同社は来店客にホスピタリティを提供するため、マネジメントを通じて店舗スタッフのモチベーションを高め、楽しく仕事をしながら成長していける環境づくりに力を入れている。そのベースとなっているのは、“きちりを大好きでいっぱいにしたい”という考え方だ。新卒採用においても、この考え方に徹して取り組んでいる。
2014年度の入社は50人であったが、2015年度は80人。いずれも目標の人数を採り切った。2016年度も80人を目標に活動を始めている。

 

現場で働くスタッフの魅力を伝える

新卒採用の母集団形成は、3つの大手就職サイトのほか、属性を絞って学生を集めるターゲットイベント、自己PRを公開する学生にアプローチする“逆求人サービス”も利用している。
「就職サイトには、当社を好きになってもらうことを意識して、当社で働くスタッフの魅力や現場で起きるドラマなどをコンテンツに盛り込む工夫をしています」とHCM(Human Capital Management)部の楯野仁美さんは説明する。

 

さらに、フェイスブックページで“まっこりん”という愛称の入社2年目の採用スタッフの奮闘記を掲載。学生に近い立場を通じて社内の様子や学生へのエールを伝え、好感度の形成に役立てている。
「“まっこりん”のファンから逆に励ましの声が届くようになりました」
総エントリー数は、3つの就職サイトだけで約1万2,000人。「予想を上回る数でした」と楯野さんは言う。

 

※次ページ以降の閲覧には、会員登録(無料)が必要です

 

 

株式会社きちり
所在地/東京本社:東京都渋谷区渋谷1-17-2 CRD Shibuya 1st 12階
設立/1998年
資本金/3億8,153万284円
従業員数/1,549人(2014年6月末現在)※パート・アルバイト含む
事業内容/レストラン経営による飲食事業、及び、食を中心に生まれるHospitalityの提案・提供事業
ホームページ/ http://www.kichiri.co.jp/

 

アイデム 人と仕事研究所「新卒採用のゲンバ」
続きはこちら>>

 
※コラム全文の閲覧には会員登録(無料)が必要になります。