アイデムオリジナル調査 「採用選考が後ろ倒しになったときの対応は?」(人と仕事研究所/コラム)

2014.08.07


 

201408_tyousa_l

  
弊社「アイデム 人と仕事研究所」のホームページでは、パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、人と仕事研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察しています。

今回の特集は、「採用選考が後ろ倒しになったときの対応は?」

――その内容の一部をご紹介させていただきます。

 

 

 
採用選考が後ろ倒しになったときの対応は?

 
一般社団法人日本経済団体連合会から「採用選考に関する指針」が出され、2016年4月以降入社の新卒採用活動の時期が変更されます。指針の中では、学生がその本分である学業に専念することができるよう、広報活動開始日が従来の12月1日から3月1日へと3ヶ月後ろ倒しに、選考活動開始日が4月1日から8月1日と4ヶ月後ろ倒しにすることが求められています。

「採用選考に関する指針」は、政府の要請に沿って決められたものですので、その影響力は小さくありません。半面、“法律”ではなく、あくまでも“指針”という位置づけのために、独自の期間で新卒採用活動を考える企業もあるようです。

弊社が実施した「2015年度新卒採用活動に関する企業調査」でも、「採用選考に関する指針」を「守ると思う」と回答した企業は63.4%で大勢を占めるものの、「守らないと思う」と断言した企業が10.8%、「わからない」と対応を決めかねている企業も25.8%に上っていました。

  

 

図1:「採用選考の指針」を守るか

図1人オリジナル

 

 
では、新卒採用の活動時期が変更になることは、企業側にとってどのようなメリット・デメリットをもたらすのでしょうか。新卒採用活動時期が変更によって自社に「良い影響がある」と回答した企業にその理由を聞くと、以下のようになりました。

 

1位(45.6%)
学生が学業や課外活動に専念する時間が増え、より質の高い者の応募・採用が見込めそう

2位(26.3%)
採用選考時期が後ろ倒しになった分、採用計画が入念に練れそう

 

高等教育は、本来、次代を担う人材を育成し、社会へ送り出すという役割を担う場です。しかし、近年は就職活動やその準備の早期化・過熱化が進み、それらが学業に支障を来す本末転倒な状況に陥っていました。採用活動時期が見直されることで、結果として、学業に専念し知性・能力・人格等が磨かれた人材が増えるのではないか、という企業側の期待があるようです。

 

 
—————————————————————————————————–
●文/古橋孝美(ふるはし たかみ)
2007年、株式会社アイデム入社。求人広告の営業職として、人事・採用担当者に採用活動の提案を行う。2008年、同社人と仕事研究所に異動。「パートタイマー白書」等のアンケート調査を担当。パートタイマーを重点に置いた非正規雇用の現状や今後の課題、中小企業における雇用状況について調査を進めている。

 

アイデム 人と仕事研究所「アイデムオリジナル調査」
続きはこちら>>

※コラム全文の閲覧には会員登録(無料)が必要になります。