【第23回】複数内定獲得学生に選ばれるためには?(人と仕事研究所/コラム)

2016.06.06



弊社「アイデム 人と仕事研究所」のホームページでは、パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、人と仕事研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察しています。
今回は、弊社の調査機関、人と仕事研究所WEBサイトで労働関連ニュースの原稿作成なども行っている、関社員の執筆となります。
――その内容の一部をご紹介いたします。 新卒採用を考える上でのヒントになれば幸いです。

【第23回】複数内定獲得学生に選ばれるためには?
 
2017年卒対象の企業の新卒採用活動は、現在「広報活動」期間です。日本経済団体連合会(以下、経団連)が遵守を呼びかけている「採用選考に関する指針」では、6月1日から「選考活動」を開始としています。ですが、エントリーシートの提出やテストセンターの受検といった「広義の選考活動」を5月までに行い、面接や試験といった「狭義の選考活動」を6月に一気に行って内定を出していく企業は多くありません。6月以前に半数以上の企業が「狭義の面接選考」を開始し、約4割の企業が内定を出し始めます(2017新卒採用に関する企業調査2016年3月1日状況より)。
 
 採用担当者の方は、この頃から「選ぶ側」ではなく、「選ばれる側」へシフトしてきます。内定を出した学生から「選ばれる側」になるのです。人不足の影響等から、新卒市場は学生に有利な「売り手」状態です。複数の内定を持つ学生は珍しくはありません。たとえ内定を出していても、学生に選ばれなければ「内定辞退」の連絡を受けることになります。今回は、新卒採用に関する企業調査・学生調査を元に、「内定辞退」に関する情報を紹介していきたいと思います。新卒採用に関する企業調査(2016年3月1日状況)では、企業がどのくらいの内定辞退を見込んでいるのかを調査しています。
 832
この結果によると、最も多いのは「50~69%」の23.6%、次いで「30~49%」の18.4%、「20~29%」は17.9%となっています。3割以上辞退すると見込んでいる企業は48.2%となり、約半数の企業は内定者の3割以上が辞退すると見込んでいるようです。
 せっかく内定を出しても、入社してもらわなければ意味がありません。ある程度採用予定人数を越して学生を確保する企業もありますが、費用や手間などの負担が増してしまいます。できるだけ辞退学生を少なくするには、どうすればよいのでしょうか。
—————————-
●文/関 夏海(せき なつみ)
2014年、株式会社アイデム入社。同年8月、人と仕事研究所に配属。賃金に関する統計・分析を担当。人と仕事研究所WEBサイトで発信している労働関連ニュースの原稿作成なども行っている。

アイデム 人と仕事研究所「新卒採用のゲンバ」
続きはこちら

>>※コラム全文の閲覧には会員登録(無料)が必要になります。