アイデムオリジナル調査「新卒の採用基準は上がっているか?」(人と仕事研究所/コラム)

2014.07.04


 

調査600x200

 

弊社「アイデム 人と仕事研究所」のホームページでは、パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、人と仕事研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察しています。

今回の特集は、「新卒の採用基準は上がっているか?」

――その内容の一部をご紹介させていただきます。

  

 
若年層で非正規が増加

総務省発表の2013年平均労働力調査によると、役員を除く全労働者数は5,201万人で、そのうちパートやアルバイト、派遣・契約社員などの非正規労働者数は1,906万人でした。割合で見ると、全労働者に占める非正規労働者は36.6%(前年比1.4ポイント増)で、過去最高を更新しました。また、年齢別に非正規の割合を見ると、15~24歳(うち在学中を除く)で32.3%、25~34歳で27.4%、35~44歳で29.0%となっています。

年齢別の推移は、年を追うごとに全年代で非正規の割合が増えているものの、特に15~24歳の若年層で1990年代半ばから2000年代初めにかけて大きく上昇しています。1993年に非正規の割合は11.5%でしたが、1998年に18.3%、2003年では32.1%となっています(図1参照)。

 

図1:非正規労働者の年齢別割合 

01

資料出所:総務省「労働力調査(特別調査)」(2月調査)及び総務省「労働力調査(詳細結果)」(年平均)長期時系列表

 

 

就活しても、内定を採れない

先日、弊社は平成26年版パートタイマー白書を発表しました。テーマは「若年非正規雇用者の正社員化への可能性」で、20~30代の若年労働者を対象に調査を行いました。

大学卒業時に新卒で働くための就職活動を行ったかを聞いた設問では、「行った」が74.7%、「行っていない」が25.3%で、約4分の3の者が就職活動をしていました。これを年齢別に見ると、「行った」と回答した者は「29歳以下」で81.1%、「30~34歳」で70.9%、「35歳以上」で68.9%となり、年齢によって差がありました。

また、年齢別と就労経験別を合わせて見ると、〔C〕初職から現在まで正規雇用のみの者で就職活動を「行った」者の割合は、「29歳以下」93.4%、「30~34歳」84.7%、「35歳以上」90.6%で、全年齢層で高い水準となっています。

しかし、〔A〕初職が非正規雇用(正規雇用経験なし)では「29歳以下」69.1%、「30~34歳」61.0%、「35歳以上」53.9%、〔B〕初職が非正規雇用(正規雇用経験あり)では「29歳以下」81.3%、「30~34歳」69.4%、「35歳以上」61.2%となっており、年齢層が若くなるほど、就職活動を「行った」にも関わらず、正規雇用の職が得られていないという傾向が見られます(図2参照)。

 

図2:大学卒業時の就職活動(年齢別/就労経験別)

02 
資料出所:平成26年版パートタイマー白書(23~39歳までの未婚の男女1,527人に調査)

 
※コラム全文の閲覧には会員登録(無料)が必要になります。

 

●文/三宅航太
アイデム人と仕事研究所 研究員。大学卒業後、出版社の営業・編集、編集プロダクション勤務を経て、2004年に株式会社アイデム入社。同社がWEBで発信するビジネスやマネジメントなどに役立つ情報記事の編集業務に従事する。人事労務関連ニュースなどの記事作成や数多くの企業ならびに働く人を取材。

 
アイデム 人と仕事研究所「アイデムオリジナル調査」
続きはこちら>>