【開催レポート】採用担当者セミナー「超売り手市場における成功企業の共通点 ~優秀人財を獲得し、入社まで導く手法とは~」

2017.08.10


2018年卒採用も終盤戦にさしかかり、7月時点の内定獲得率は71.7%まで上昇しました。(弊社「人と仕事研究所 7/1学生調査」)
採用活動収束に向け活動される一方、内定辞退の防止に力を入れる企業様も増えてくる時期ではないでしょうか。

今回アイデムでは、2018卒採用以降の内定者フォロー対策として、EDGE株式会社 代表取締役社長 佐原 資寛氏をお招きし、「超売り手市場における成功企業の共通点 ~優秀人財を獲得し、入社まで導く手法とは~」を開催いたしました。

講師を担当いただいた佐原氏は、2008年横浜国立大学工学部在学中より、株式会社ガイアックスに参画。
2017年4月にガイアックスより分社独立したEDGEにて代表取締役社長に就任されました。
同社では、国内最大のテーマパークを始め、社内SNSを活用した従業員満足度向上をコンサルティング実施しており、新卒採用、新人育成、研修フォロー、従業員満足度向上、離職率低減、女性活躍推進など各人事課題に対するソリューションとしての社内SNSの支援実績は累計100社を超えています。

今回はセミナーの内容を一部ご紹介いたします。

 

学生のモチベーションは内定獲得時をピークに入社まで下がり続ける

講義に入る前に、各企業様で自己紹介を兼ねて「自社採用活動の課題」についての共有会を実施いたしました。

今回のテーマである「内定辞退防止」や「内定者フォロー」はもちろん、来期採用計画への情報収集として参加する企業様も多く、採用課題は企業により様々でした。

内定者フォローに関して佐原氏は、「内定者のモチベーションは内定獲得時がピークとなり、その後入社時期まで低下し続けます。最近では入社直前時期の3月に辞退する学生が意外と多いんです。企業側は入社後の活躍も視野に入れ、いかに内定獲得時のモチベーションを高め、モチベーション低下を防いでいくかが重要となっています。」と話します。

入社意欲を下げないために、優先的にフォローが必要な学生(入社へのモチベーション下がっている学生)を見極めることが重要だと考えられ、「入社意欲の可視化」が内定者フォローにおける鍵となりそうです。

また、効果的な内定者フォローは入社時の意欲向上にもをつながるため、早期から会社へのロイヤリティを強め、結果的に高い定着率を確保することが可能になると佐原氏は言います。

 

【図1:参加企業アンケート抜粋(セミナー受講理由)】

 

メールに気付かない、電話も折り返さない学生へのフォローは?

今回参加された企業様の約半数は、内定者フォローとして懇親会を実施されているようでした。しかし、学生となかなか連絡が取れず出欠確認に時間がかかってしまうということが最大の悩みという声が多数あがりました。内定者にメールをしたところ返信がない、電話をしても折り返しの連絡がないといった経験は、今や採用担当者なら誰しも経験するのではないでしょうか。

セミナーでは学生の「メール・電話離れ」の程度に関して触れ、メールに関しては未読数が何百件と溜まってしまう学生も珍しくないといった現状もお伝えいただきました。また、メールの場合、ビジネスマナー等を気にするため返信に時間がかかってしまう(あるいは家に帰ってから送ろうと思い忘れてしまう)ケースも多いため、企業側はこうした状況を踏まえて学生への連絡ツールを見直す必要がありそうです。

参加企業様の中にはLINEやFacebookなどのSNSを活用した内定者フォローを実施している例も上がりました。
佐原氏によると「学生の情報管理の意識と漏洩時の社会的制裁へのリスクはどんどん高まっています。無料SNSは手軽さが魅力ではある一方で、誤投稿やアカウント乗っ取りで容易に情報漏洩するリスクが高く、内定者フォローとしての活用には注意が必要です。ある程度の人数を採用する企業は、セキュリティのしっかりしたサービスを使う必要がありますね」と喚起しました。

また、プライベートと仕事を分けたい学生にとっては、企業からSNSを通して連絡が来ること自体も抵抗感や販管を持たれるケースがあるようです。使い方を間違えるとかえって入社意欲を下げかねないため要注意ですね。

 

【図2:参加企業アンケート抜粋(内定者フォローで実施されている施策)】

こうした懸念点から佐原氏は、内定者とのコミュニケーションに特化したアプリを導入することや、ただ頻繁に連絡するだけでなく、学生が知りたい情報を積極的に提供する姿勢を見せていくことの重要性をお話しされていました。

セミナーの最後では、「内定者フォローに明確な正解は無く、その企業毎にあったフォローを実施することが重要」とお話しいただき、各企業様の内定者フォローの共有やそれに対するフィードバックを実施いただきました。

 

開催概要・次回開催のお知らせ

■日時
【東京開催】 2017/7/25(火) ・2017/8/2(水)
【大阪開催】2017/7/20(木)・2017/8/18(金)

■時間
17:00 ~ 19:30(受付16:30~)

■会場
【東京開催】アイデム本社ビル3F ATC教室
【大阪開催】アイデム西本町ビル3F

■講師
EDGE株式会社 代表取締役社長 チーフエヴァンジェリスト 佐原 資寛 氏

セミナー内容:
1. イントロダクション
2. 自己紹介・採用課題の共有
3. 内定辞退のメカニズム解説
4. 成功企業の内定者フォローの特徴
5. 課題別 内定フォロー事例紹介
6. 内定者フォローツール「エアリーフレッシャーズ」を活用した内定者フォロー
7. 座談会(内定者フォローに関する共有会)

■次回開催
次回は「1dayインターンシップ」をテーマに開催いたします!
今回のセミナーでも、開催後アンケートに多かった「インターンシップの実施・改善」。特に2019年卒からは、いわゆる「1dayインターン」が解禁され、より解禁前の活動が活発化しそうです。

 

【図3:参加企業アンケート抜粋(来期採用活動で新たに取り組みたい施策)】

次回セミナーでは2019年卒採用の対策として講義を実施いたしますので、ご興味のある採用担当者様はぜひご参加いただければと思います。

■セミナー詳細は【こちら】

■お申し込みフォームは【こちら】

皆様のご参加をお待ちしております!