「 JOBRASS 」×「人と仕事研究所」コラボ企画  『 これからの新卒採用 』in 神奈川、in 千葉 2週連続開催 !!

2013.11.01


 

新卒採用600_200

約2ヶ月前の8月21日(水)、JOBRASSは弊社アイデム「人と仕事研究所」と初の連携にて、
『 はじめての新卒採用 』をテーマに人事担当者向けセミナーを初開催しました。

――“ 新卒採用をしたいが、何からはじめて良いのかわからない ”

埼玉地区、北関東地区を主な対象として実施した前回のセミナーの成功を機に、
今回は神奈川地区と千葉地区・茨城地区を対象に、10月16日(水)と翌23日(水)の2週連続で開催。
神奈川地区は新都市ホール No.3ルーム(横浜新都市ビル そごう横浜店9F)にて、
千葉地区・茨城地区はハンドシェイクふなばし(船橋商工会議所)にて、
人事担当者向けセミナー『 これからの新卒採用 』を実施いたしました!。

 ph_korekarano_3

「人と仕事研究所」というセクションは、データを活用した採用に関する情報の提供や
人材採用・教育におけるセミナー開催など、採用後の人材を活かし、
企業力を高めていただくための情報・サービスを提供しているアイデムの研究部門です。

 

そんな「人と仕事研究所」のノウハウをベースに開催した『 はじめての新卒採用 』、
今回はセミナーコンテンツに若干の修正を施し、『 これからの新卒採用 』としてマイナーチェンジ。
新卒採用を行うにあたり押さえておきたいポイントをより網羅した内容で実施いたしました。

 

当然ながら、新卒採用は“採用”が目的ではなく、採用した人員が戦力の基盤になる、
――つまり入社した人材が定着し戦力になることが最大の目的です。
受講していただいた人事の方には、
中途と新卒の違いを改めて再認識してもらうところからスタート。
新卒採用のメリットやデメリットについて、新卒採用の根幹となる「新卒採用は育成人材の採用」ということを
踏まえたうえで、育成までの道のりをセミナー参加者とともにワーク形式で考えていきました。

ph_korekarano_2

中には、選考時に学生を見極めるポイントはどこでしょう?
といった質問をグループで話し合ってもらうことも。

第一印象に関することから、将来を見据えたうえでのポテンシャルといった
可能性にいたるまでのお答えをいただいたうえで、そのイメージというものが、
採用過程で関わる担当者ごとに共通認識があるかどうか、
そんなお話もさせていただきました。
またワークを通して、人事担当者同士の情報交換の場にも。

 
新卒採用を実際にどうやって進めていくのか?
学生とどうやって接点をもっていくのか?

 
新卒採用=育成人材採用であるということをベースに、新卒採用の実際について、
インターンシップに関することから、
採用スケジュールや育成スケジュールの組み方まで、
今回も実践的な内容でお送りしました。

ph_korekarano_1 

JOBRASSでは参加される皆さま方に喜ばれるセミナーを目指して、
魅力的なコンテンツをこれからもどんどん企画していきたいと考えています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■□ セミナープログラム ■□■□■ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【1】新卒採用は育成人材の採用
1.新卒採用のメリット
2.新卒採用を行なうための準備
【2】新卒採用の実際
1.学生の志望度を高める工夫
1)自社の魅力をいかに伝えるか
a.中小企業のメリット
b.担当者の魅力
2)大学と個別のつながりを持つ
a.インターンシップ
b.OB・OG
2.「いい人」を採用するには
1)「いい人」のイメージを具体化
採用担当と配属先の担当者でイメージを共有する
2)即戦力という視点ではなく、育成人材という視点
a.将来の成長の可能性
b.ポテンシャル
3)採用後の育成手法との関連
育成がOJT中心なら「教え甲斐のある人」という基準
3.採用スケジュール 各社の事例
1)インターンシップ
2)会社説明会
3)選考方法
4)面接の採用視点
【3】育成スケジュールについて
1.育成スケジュールの概要
1)開始時期は内々定からか、内定後か
2)入社前教育の意義
3)定着させるためには
2.入社前から採用後3年目までの育成のポイント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━